いざという時、不安を和らげる防犯対策をしましょう

コラム

みなさまに暮らしと住まいを快適にするための、ちょっと役立つ情報をお届けします。
今回のテーマは「防災」です。
 
 

いつも食べているもの、使っているものを選ぶ

防災対策で様々なものを揃えますが、必要不可欠なものばかりでなく、不安を取り除いたり、精神が落ち着くものもあった方が精神衛生的にも良いそうです。

たとえば、備蓄食には、食べ慣れたものの中に、ぜひお菓子を取り入れることをおすすめします。
なじみのあるお菓子は、緊張状態のときに食べると、ほっとできるそうです。
ゼリーやチョコレートなど個別包装されているお菓子もおすすめ。

心が疲れているときに甘いものがあると、心が和らぎますし、食欲がない時でも比較的食べやすいかもしれません。ビタミンなどが入ったゼリー飲料や、タンパク質やカロリーを手軽に得られる栄養調整食品も良いですね。
お子さまがいる場合は、子どもが食べ慣れたお菓子を常備することもおすすめします。
 
 

避難所で過ごす場合

避難所で過ごす場合は、肌に身に付けるものも普段と同じものがあると良いですね。
下着の替え、女性ならいつ使っている生理用品も必須。
着替えることで不快感を軽減することができます。

マスクも、大きさやフィット感、顔に当たる素材の感じなど、好みのものがあるのではないでしょうか。
また、慣れない環境で過ごすことになるので、耳栓やアイマスクがあるとより快適に過ごせるでしょう。お気に入りを避難袋などにまとめておくと安心ですね。

重要な情報を得るのにスマホは必需品。
避難所に行った際には、充電待ちで長蛇の列ができたという話もあります。
そこでモバイルバッテリーがあると便利。
最近はamazonなどの通販サイトで、太陽光充電ができるタイプも手に入れやすい価格帯からあるので、いざという時に心強いアイテムです。

また、ラジオも災害時の情報収集にはかかせませんが、今日ではインターネットでも聴けることから、ラジオ本体になじみがない人も多いそうです。
いざという時に「使い方がわからない」と慌てないためにも、ご家族で使用方法を確認、実際に聞いてみるのも良いでしょう。
 
 

いざという時でもほっとできるものを

断水した場合、水は貴重です。
そこで、マウスウォッシュやウェットシート状の歯磨きなど、水を使わなくてもすむ歯磨きセットがあると助かります。
歯をきれいにすることは、衛生上必要なことはもちろん、気分転換にもなります。

アロマの香りも役立つのでお気に入りの香りのものや、癒しをもたらしてくれるラベンダー、殺菌効果のあるミント系などを備えておくと便利。
ハンカチに1~2滴たらしてゆっくり吸うのもおススメです。

100円グッズなどでかわいいキャンプグッズ品がでているので、それらを防災グッズに活用するのもおすすめ。
たとえば、紙皿や紙コップ、割りばしなど、使い捨てのモノでもお気に入りを見つけてストックしておけば、使うときに少しでも気分を上げることできるかもしれません。
避難中の時間を過ごす娯楽的なアイテムもあると良いですね。

たとえば、トランプや折り畳み式の小さい将棋盤セット、オセロセットなどは電力を使わず遊べて、コンパクトに収まるのでおすすめです。
 
 

R-LABEL

R-LABEL

一瞬のひらめき、一瞬の気付きを形に。 お客さまそれぞれの住まい方、ライフスタイルを叶えるお手伝いをします。

関連記事

TOP