築約40年の戸建て住宅リノベーション。断熱性、耐震性能向上で安心して快適な暮らしを実現。江東区

リノベーション

戸建てリノベーションのきっかけやご要望など

・築年数の古い戸建て住宅なので、冬は寒く、夏は暑い
・耐震性が心配
・2階からベランダへ出る際に、高さがあるので跨ぐ必要があり不便
・階段と格子部分に愛着があるので、そのまま生かした提案がほしい

施工・提案ポイント

・建て替え不可の土地なので、*スケルトンリノベーションを提案しました。
・外壁はカバー工法で新築同様の見た目に。内窓も取り付け断熱性も向上。
・ベランダ部分のまたぎを下げるために、玄関の天井部分の高さを下げることでスムーズな出入りを確保。
・筋交い計算をし直して耐震性を高めました。
*スケルトンリノベーションとは、床・壁・天井を全て解体、撤去し、躯体のみの状態にする大がかりなリフォームです。

 

施工写真

外観 Before
戸建てリノベーション前の外観
戸建てリノベーション前の外観正面
戸建てリノベーション前の外観横から

 外観 After
戸建てリノベーション後の外観

戸建てリノベーション後の外観横から
戸建てリノベーション前の外観正面から

 

玄関 Before

リノベーション前の玄関

 玄関 After
リノベーション後の玄関まわりご家族の思い入れのある階段、格子部分はそのまま生かし、手すりの高さも適切な位置に設置。

 

ダイニングキッチン Before
リノベーション前のキッチン
リノベーション前のダイニング

 ダイニング・キッチン After
リノベーション後のダイニングキッチンL型キッチンから壁付け(背面)キッチンになったことで、開放感のある空間になった約9帖のダイニングキッチンスペース。
キッチンはよく使う道具をスムーズに取り出せる収納力、調理や後片付けがしやすい幅広シンクに定評のあるLIXILのアレスタ。

リノベーション後のダイニングキッチン
リノベーション後のダイニングキッチン
1階居室 Before

リノベーション前の1階和室

 1階居室 After
リノベーション後、和室から洋室へ1階ダイニングキッチンに隣接するお部屋は、和室から洋室にリノベーション。
内窓を取り付け断熱、防音性も上がり、以前よりも快適になったとお喜びいただきました。

洋室にリフォームした和室
洋室にリフォームした和室の別アングル
洋室にリフォームした和室の別アングル

 

水まわり(トイレ・洗面・浴室) Before
リノベーション前のトイレ
リノベーション前の洗面・浴室
リノベーション前の浴室リフォーム

水まわり(洗面・浴室) After
リノベーション後の洗面・浴室寒かったタイル貼りの浴室はユニットバスになり、暖かく安心して過ごせる浴室に。
冬場に発生しやすいヒートショックは暖かい室内から寒い脱衣所、寒い浴室と急激な温度差で起こりやすくなります。

リノベーション後の浴室

 

2階 廊下Before

リノベーション前の2階廊下

2階 廊下After
リノベーション前の2階廊下リノベーション後の2階廊下

 

2階 居室(1)Before
リノベーション前の2階
リノベーション前の和室

2階 居室(1)After

リノベーション後の2階居室
リノベーション後の2階居室

リノベーション後の居室以前は窓のまたぎ部分の高さがあったので、不便だったベランダへのアクセスも、玄関の天井部分の高さを下げ、合わせてベランダの位置を下げることでスムーズに出入りできるように。

リノベーション後の居室
リノベーション後の居室

 

2階 居室(2)Before

リノベーション前の居室(3)

2階 居室(2)After
リノベーション後の居室

リノベーション後の居室2
リノベーション後の居室3

 

外構 Before

リノベーション前の濡れ縁部分

 
外構 After
濡れ縁(ぬれえん)

 

自転車置き場 Before

戸建てリノベーション前の外観横から

自転車置き場 After
自転車置き場

 

 

物件概要

所在地 東京都 江東区
建物種別 戸建て
築年数 約40年
施工種別 戸建てリノベーション
間取り 4DK
主な使用商品 玄関ドア:LIXIL 玄関引き戸 エルムーブ2
内装建材:LIXIL ラシッサSシリーズ
キッチン:LIXIL アレスタ
トイレ:LIXIL サティスS
洗面化粧台:LIXIL リフラ
ユニットバス:LIXIL アライズ
サッシ:LIXIL 防火戸FG H /FG L
工期 約5ヶ月
設計 R-LABEL
施工 R-LABEL
竣工 2021年10月末

この施工例に関するご質問はこちらからお気軽にどうぞ

 
 

R-LABEL

R-LABEL

理想の暮らし、現実に。 お客さまそれぞれの住まい方、ライフスタイルを現実(リアル)に叶えるお手伝いをします。

関連記事

TOP